自治体向けLINE運用ツール
KANAMETO

​100を超える地方自治体に導入
LINEを活用して住民・学生とのコミュニケーションの課題を解決します
当社は北関東、東北エリアの代理店です

KANAMETOでできること

・受信設定 欲しい情報や受信したいLINEトークの設定が可能です。>>詳細

・窓口予約やマイナンバーカードの受付予約など予約機能が可能です。>>詳細
予約可能な枠数や時間の設定など細かな設定も可能です。また予約日が近づくと自動でLINEにメッセージが届きます。予約状況の確認だけでは忘れてしまう予約を、防止することに役立ちます。

・防災メールをLINEトークに置き換えて配信 >>詳細

導入済みの防災メールをLINEトークに自動で置き換えて配信が可能です。

​※一部オプション機能がございます。

KANAMETOは、transcosmos online communications株式会社が提供するLINEを活用した行政のDXツールです。

KANAMETO(カナメト)は地方自治体・大学のLINE公式アカウントと連携して
住民・学生とのコミュニケーションを最適化するDXツールです。

セグメント配信、チャットボットなどの豊富な機能で自治体特有の課題を解決します。

※予約機能・受信設定などさまざまな機能がございます。
​お問い合わせは、チャットボットまたは問い合わせフォームよりお願いいたします。

​標準機能

●LINE公式アカウントを開いて最初に表示されるメニュー画面を、最大で12分割で設定できます。さらにタブをタ ップすることで、最大3つのリッチメニューを切替え表示できます。
●アンケートの回答に基づきセグメントを作成し、ユーザのニーズに合わせて情報配信できます。複数の属性をクロスして、自由にセグメントを設定できます。
​●ごみ収集日の案内など、特定のサイクルで繰り返しメッセージを配信できます。配信除外日の設定も可能です。

prtimes_1_211012.png

​標準機能

予約機能

普段から利用しているLINEアプリで、自治体のLINE公式アカウントを友だち登録し、メニュー画面から予約フォームを起動して手軽に手続きができます
LINEから予約状況をいつでも確認可能
予約日が近づくとLINEトークでリマインドメッセージが自動で届きます
予約のキャンセルもLINEから手続きすることができます

prtimes_2_211027.png

防災メール機能

自治体のLINE公式アカウントを友だち追加後、受信設定アンケートで情報を登録すると、個々の希望に応じた防災・安全情報がメッセージ配信されます普段から利用しているLINEアプリで防災・安全情報をタイムリーに受取可能です。

prtimes_5_211029 (1) (1).png

通報機能

普段から利用している「LINE」からチャットボット形式で通報が完了します
カルーセル形式で通報項目を選択、スマホに保存された画像を送信、LINEアプリの位置情報送信など使い慣れたLINEアプリの機能で操作も簡単

道路の損傷や、防災、被災情報など、分類別に担当部署へメールで通知いたします。

prtimes_4_211027.png

​住民の利便性の向上

列車内の風景
市政情報の効果的な配信だけでなく、自治体の防災・安全対策にLINEをフル活用することができます。住民から道路の不具合等の通報を受け付ける機能、自治体で発行している防災メールの内容をLINEでメッセージ配信する機能など、豊富なソリューションを開発・提供しています。

防災分野でのLINE活用

携帯で地図を読む

よくある質問に自動応答するチャットボットや住民予約の受付・管理をシステム化する予約機能を活用することで、職員対応工数の削減につながります。

さらに、年齢・居住地域等の住民属性に合わせて効果的に情報発信するセグメント配信などの機能と組み合わせることで、住民サービスの向上と業務効率化を同時に実現することができます。

料金表

シンプルな料金設定。メッセージ配信や顧客データ数に応じた従量課金は一切無く、月額固定費用で利用可能です。

月額費用

税込み¥77,000

​初期費用

お問い合わせください

構築費用

お問い合わせください

オプション機能料金

予約機能

お問い合わせください

防災メール機能

お問い合わせください

通報機能

お問い合わせください